FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

母と「上を向いて歩こう」

毎週月曜日は、母とランチに行きます。
大体は母のリクエストで車で15分ほどの蕎麦屋に行くことが多くなりました。

道すがら、「ここのウナギをまた食べたいわ」「立派のイチョウねぇ~」「お蕎麦屋さんはどこだったかしら?」必ず同じ場所で同じセリフをつぶやきます。
儀式のように毎回繰り返されるこの独り言、きっと車窓からの景色が引き金でセットになったセリフがでてくるのでしょう。

興味本位でそんな母に母の若かったころの歌を聞かせてみることにしました。
いったいどうなるのかしら?
坂本九「上を向いて歩こう」、ペギー葉山「学生時代」、加藤登紀子「知床旅情」の3曲です。

いつもは表情の乏しい母ですが、曲が始まると最初はハミング、そしてサビを小さい声で呟いていたのですが、後半になると大きな声でとても楽しそうに歌っているのです。
手拍子付きで。
音楽の力は恐るべし、二人で大きな声で「上を向いて歩こう」を歌いながらいつもの蕎麦屋に向かったのでした。

_6010738R.jpg




  1. 2019/06/22(土) 15:23:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.I.C. TESS

昨年から取引を始めているフィレンツェのカミチェリア、シモーネ・アバルキから新しいシャツの生地サンプルが届きました。
1924年創業のシクテスです。
「とってもいい生地がそろっていて、少し値段はするけれど満足できると思うよ。」というシモーネの言葉に誘われて送ってもらいました。
内容は・・・スーパー140、シーアイランドコットン、ポプリン120 などなど充実のラインアップです。

春夏はシャツの季節、とっておきのシャツを作りたくなります。

P6160140.jpg






  1. 2019/06/15(土) 17:12:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

革の魔力

昨日と一昨日、フランスのレザー製品のアトリエを招いてちょっとしたイベントを催しました。
もちろん、こちらとしてはいらっしゃる方に製品の魅力をお伝えしてオーダーのお手伝いをするわけなのですが、
一日中最高の革製品に触れていると、その魅力につかまってしまうということがあります。

革製品は当たり前のことながら動物の皮革ですので1点1点が微妙に違います。
それに鞣しの技と手縫いのステッチワークが加わった革製品をずっと触っているとそのさわり心地が忘れられないようになってしまうのです。
それは、まるで、見た目の「クロコダイル、すごいですね~」ということよりももっと人間の感性の本質的な部分に直接訴えかけてくるような魅力なのです。
魔力と言ってもいいかもしれません。
気が付くと値段も聞かずに「よし、これを手に入れよう!」という気持ちになってしまう。

最高の革製品は見るだけでなくそれに触れてみないとその本当の魅力はわからないということなのでしょう。
革製品恐るべし。


P6020055.jpg






  1. 2019/06/02(日) 15:24:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる