FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

新シリーズ 「世界の寿司」

さて、今回からは新シリーズ「世界の寿司」の始まりです。

世界各地で日本食が大ブームです。
やはりその中で一番人気は「寿司」でしょう。

記念すべき第1回目は友人がマレーシア出張で食べてきた焼きトウモロコシの軍艦巻きです。
一見、数の子と見まがうばかりの色と艶、味は・・・

アメリカ人が、「日本はピザにコーンを載せるだろ。あれほんとうにアメリカだとありえないよ!」と言っていたのを思い出しました。

このシリーズつづくかなぁ~

みなさんから世界の寿司の画像を募集します。
これは!というものがありましたらメールでお送りください。


世界の鮨_01
  1. 2015/04/25(土) 15:44:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今シーズンのトレンドは?

「今シーズンのトレンドは何ですか?」なんていうことを時々聞かれるのですが、そんな時は笑ってごまかすか、話題を変えるか、もしくは「わかりません。」とお答えしています。

業界内にいるとトレンドというものがかなり意識して作られるということもわかってくるし、昨今のその作られ方がほんとうに市場原理としっかり結びついているということがはっきりしてきて、その結びつき方は年々強くなるようです。

例えば、(こんなことは一般の消費者の方は知らなくてもよいことかもしれませんが・・)バイヤーは、展示会でオーダーをする前にまずどの商品が雑誌に掲載されるかを確認します。
つまり、メーカーや代理店がどの商品を積極的に売り出そうとしているかを確認して、まず、それを発注するのです。

1.メーカーが次のシーズンの主力商品を決めます。
2.その代理店は雑誌社に広告とタイアップ記事を依頼します。
3.店はその情報に基づいて商品を仕入れ、プッシュしていきます。

つまり、メーカーと代理店と雑誌社と店の四者が力を合わせてある商品を消費者に売り込む戦略を立てるわけです。
すべてではないですが、これが結果的にトレンドと呼ばれるものになって行くことが多々あります。

そこには商品の質に対する客観性や自分たちが働く洋服業界への愛情や消費者への誠実さというものはあまり多くは見られません。
聞こえてくるのは、「みんなで力を合わせてこの商品を売っていこうぜ!」
という勇ましい掛け声くらいです。

ここはまぁ、やはり賢明な消費者は、そんなからくりもわかった上で、「みんなが着ているモノはあえてやめておくよ。」という姿勢を持つことが賢明なのではないかと思います。

そして自分だけの個性的なスタイルを作ることが大人のファツションへの本当のアプローチだと考えます。

IMG_0499_20150418141552203.jpg
  1. 2015/04/18(土) 14:22:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失敗の本質

最近、仕事でのミスが増えてきました。
それもお金に関するミスが目立ちます。
計算間違え、もらい忘れ、もらいすぎ、そのたびにお詫びや事後処理に時間がかかり余計やることが増えるという悪循環です。

これはいったいな何か原因なんでしょうか?
年齢のせい、店が忙しすぎる、もともと計算が苦手、理由はいろいろと思い当たるのですが・・・
これは常々感じていることなのですが、例えば洋服のコーディネイトを考えたりする時とお金の計算をする時に使う脳の部分がまるで違うのではないかと思うのです。

「このジャケットにこのシャツだったらこのネクタイがよくあいますよ。」といったすぐ後に「お支払いは一括払いでよろしいですか?」などと訊いてはいけないのです。

ここは私が服に関することはすべて引き受けて、そのあとはお客様をキャッシャーにご案内して、「ありがとうございます。それではご精算はこちらでお願い致します。」なんて言って、あとの会計は美人のアシスタントに任せるのがやはりよいやり方のような気がします。

そこのスイッチの切り替えがうまくいかないのでいつも精算でミスをする。
本来、ファッションに携わる者はお金などという不浄なものにはかかわってはいけないのかもしれません。

こんなことを考えているので値段を気にせずに服を買い、あとてレシートをみて驚いているのですが・・・
このスイッチの切り替えをうまくすることが今後の課題だと考えております。

ご迷惑をお掛け致しましたお客様には心よりお詫び申し上げます。
でも、おそらく、そうすぐには改善されないような気もするのですが・・・

IMG_0499.jpg


  1. 2015/04/11(土) 13:38:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボリオリ ストア ミラノ

ここ近年見た洋服店の中で最もよかった店が新しくできたミラノのボリオリストア。
いかにもミラノらしい洗練された店構えと商品の見せ方、そして個性的な60年代風の内装。

どこのインテリアデザイナーかしら、と思い調べてみたらこちらでした。
http://www.dimorestudio.eu/index.html

店の隅々まで神経が行き届いて、お金もふんだんにかけております。
もちろん自分の店を心底愛している私ですが、ちょっとうらやましく思いました。

このデザインスタジオ、ブティックのほかにもホテルやレストランなどいろいろ手がけております。
サイトから見ることができますのでお時間のある時にでも見てください。

イタリアのこういうセンスがやはりとても素晴らしいと感じます。

boglioli store milano
  1. 2015/04/04(土) 13:46:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる