FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

友人のためのミラノ案内

洋服:
BARDELLI  
ミラノのクラッシックな店の総本山
http://www.mbardelli.com/english-version.html

CASHMERE COTTON & SILK
BARDELLI の支店、雰囲気の良いブレラ地区にあり散歩の途中にぜひ。
http://www.paginegialle.it/milano-mi/abbigliamento/cashmere-cotton-silk

PUPI SOLARI /HOST
地元の人しか行かない店。
メンズ・レディス・キッズ。
わたしは長男が生まれたときに無謀にもこの店でカシミアのお包みを購入。
ミラノのお金持ち御用達
http://www.pupisolari.com/

DORIANI
クラッシックで手ごろな値段のものが揃う。中心にあるので行きやすいです。
http://www.doriani.it/negozi.php?op=sandrea

COROSO COMO 10
ヴォーグの編集長がオーナーの有名店。東京にも支店あり。基本モードですが見て歩くのは楽しい。
2Fのブックストアがお薦め。
http://www.10corsocomo.com/

食事:
TRATTORIA MILANESE
私がミラノ滞在中行きまくる店、良くも悪くもオーソドックスなミラノ料理。
お薦めは、スカロッピーネ コン マルサラ (マルサラ酒風味のカルビ肉のソテー)とデザートのザバイオーネ。
書いていると食べたくなってきます。
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187849-d716428-Reviews-Trattoria_Milanese-Milan_Lombardy.html

AL CUOCO DI BORDO
魚料理の有名店。
予約は必ず。(出来たら数日前に)ここはアンティパストに生魚のアソートを勧めるがこれは量が多くて一人のときはお薦めできません。
何しろ美味しいのがイカ墨のリゾットと普通の焼き魚(グリリアディペーシェ)、書いていると食べたくなってきます。
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187849-d716428-Reviews-Trattoria_Milanese-Milan_Lombardy.html

玉圓飯店
一人で安心して食べられる中華。少し値段は高めですが味は悪くない、イタリアンに飽きたら中華です。
あと日本食も「エンドウ」は悪くなかったような気がしています。
http://milan.jimomo.jp/blog/archive.html?id=1228


お土産:
GIOVANNI GALLI
わたしのお土産の定番。マロングラッセがとても有名。他の御菓子類も美味しいです。
マロングラッセはけっこう高くすぐ一万円ぐらいいっちゃうので要注意。
http://www.giovannigalli.com/

PECK
ミラノの老舗食材屋。上記のガリのすぐ近く。
この界隈は美味しいお店が多く、昔のミラノが感じられる好きなエリアです。
http://www.peck.it/en

散歩:
ドゥオモからミラノスカラ座の横を入って、ベルデ通りからブレラ地区を目指します。
その後、ソルフェリーノ通りを通ってモスコバ通りをへて、上記のコルソコモ10が終点。

スカラ座の横を入ってすぐ右にある本屋(ミラノリブリ)をのぞき、ブレラ地区のカシミアコットンアンドシルクを冷やかして、ソルフェリーノの靴屋(エドワードグリーンも売ってます。)のウインドウを見て、そのさきのアイスクリーム屋でアイスを食べて、手作りの額縁屋や洒落た家具屋なんかがある通りをブラブラ歩くのがわたしの散歩の定番コース。

モンテナポレオーネやスピガ通りの高級ブランド街とは違うミラノらしい落ち着いた雰囲気でお薦めです。
でも、夕食の後にモンテナポレオーネやスピガ通りのウインドウを見て歩くのも楽しいですよ。
腹ごなしにぜひ。

以上です。
御参考までに。

移動は、タクシーを使わないのであれば、ホテルからカドルナ駅まで徒歩15分、途中のヴィンチェンツォモンティ通りは雰囲気良し、両側のお店も良いお店が多いです。
カドルナはマルペンサエキスプレスの発着駅でもあるターミナル駅、ココから地下鉄で移動が一番です。

気をつけた方が良いのは、日中店が閉まること13:30~15:30は閉める店が多いです。もちろん日曜は定休日。
レストランは19:30スタートなので、仕事が終わって疲れたのでさっと食事してホテルで休みたいということが意外に難しい街です。
基本一人でも予約します。ホテルのフロントに頼めば予約してくれます。

あと、先日も申し上げましたが置き引きには気をつけて、駅・電車・空港・有名観光エリアは要注意です。
また、話しかけてくる奴は基本、危ないので無視しましょう。

それでは気をつけて。
分からないことは御遠慮なくメールしてください。
  1. 2014/10/31(金) 13:25:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとひと休み

「仕事なんて、そんなに一生懸命やるもんじゃない。」

ということを肝に銘じて日々過ごしてきているのですが、生来の真面目さとここのところの忙しさで、ちょっと一杯一杯になって来ていて、帯状疱疹なんかもでてしまったので思い切って一日仕事をサボる(あ~なんていい響きだ・・・)ことにしました。

ほんらい洋服屋の店主がが10月の日曜日に店にいないなんてありえないのですが・・・10月26日(日)は私は店におりません。
ご来店をご予定のみなさまごめんなさい。

仕事をサボって(あ~なんていい響きだ・・・)、お気に入りのDJが主催する音楽フェスにエスケープです。
ちなみに店には某大学講師の高橋君がアルバイトで来てくれます。

それでは高橋君よろしくね。

御迷惑をお掛けしております 2






  1. 2014/10/25(土) 14:53:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DL 入り

ナポリのルカくんからメールがありました。
「友達とサッカーやっていて膝を負傷、しばらく仕事ができません。申し訳ないのですが、頼まれている商品の出来上がりが少し遅れます・・・」

ということでルカベルデッキオの商品の到着が一週間ほど遅れます。
ご注文いただいている皆様、まことに申し訳ございません。

本来第一便は、10月10日出荷の予定であったのですが、おそらく20日になりそうです。
入荷次第御連絡を差し上げますので、今しばらくお待ちくださいませ。

Steve
  1. 2014/10/18(土) 14:20:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モデル 500

わたくしロータのニューモデル、500でございます。
イタリアは、エミリオロマーニャ州、パルマからまいりました。
パルマは、おいしいチーズやハムで有名ですが、わたしの生まれたスラックス専業メーカー「ROTA」社もモードの世界ではなかなか有名なのですよ。

さて、東京に参りまして2ヶ月、最初は戸惑うことも多かったのですが、最近はようやくこのお店にも慣れてまいりました。
人によっては、「うぁ細っ!」とか「股上浅っ!」とか仰る方もいらっしゃるのですが、
「メチャクチャ恰好いい!」「これからは全部このモデルにする」なんて言われたりもしているんですよ。

わたしには兄弟が二人おりまして、わたくしはタックがないのですが、タックがひとつついている一つ上兄は「501」、タックがふたつついている二つ上の兄は「502」と申します。

このお店で新しい友人が出来ました。
ナポリから来たジャケット達です。
とくに「ルカベルディッキオ」くんとはとても仲良くなりました。
「一緒に着るととても相性が良い」なんていわれているんですよ。

これからしばらくこのお店にお世話になると思いますが、先輩のモデル「290」ともどもぜひよろしくお願い致します。

彼処

IMG_0569.jpg


  1. 2014/10/12(日) 13:29:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目安

目安という言葉は「目安し」からきていて、見ていて安心というところから、そろばんの位取りや秤の目盛りなど、見てすぐわかるものを「目安」と呼ぶようになり、目当てや基準の意味で使われるようになったとのこと。(語源由来辞典より)

さて、この「目安」、洋服や靴を選ぶ仕事をしている私にとっては大切なことで、自分なりにいくつかの「目安し」があります。

そのひとつは上着の内側に使われている芯地です。
これは上着の仕上がりを左右するもので、大きく分けて「毛芯」と「接着芯」があります。
着心地や品質に大きな違いが出るこの芯地、もちろん毛芯のほうが良いのですが、最近は少なくなりつつあるようです。
もしどこかでスーツやジャケットをお求めなるときは気にしてみたらいかがでしょう。

もうひとつは靴の目安、こちらはアッパーとソールを縫ってあるか、接着しているか、が大きな目安になります。
こちらもやはり縫ってあるものの方が段違いの良いのは間違いありません。

モノ選びには色々な基準があるのですが、こんなことに限らず、自分自身でひとつの「目安」を持っていると手に入れるものを絞り込みやすくなるかもしれません。


  1. 2014/10/02(木) 14:43:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる