FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

終りのないことはない

 ずっと続くんじゃないかな、と思っている事柄もいつか必ず終りが来るものです。
まぁそれを機会に新しい展開がひらけてくることもあり一概に悪いことではないのですが・・・

開店以来取引を続けていたナポリのテーラー、サルトリアサビーノとの取引が今シーズンを持ちまして終了致します。

家族経営のテーラーで、お互いのビジネスの規模も丁度良く、とても残念なのですが、ビジネスと言うものは得てしてこういうもの、各々にそれぞれの事情があるのです。

サルトリアサビーノ ファンのみなさまごめんなさい。
もし、どうしてもということであればオーダーは、ナポリ、ロンドン、ニューヨークで引き続き取るそうです。
http://www.sartoriasabino.it/en/

こんなところにもイタリアの不景気は色濃く影を落としています。
しかし、長い間取引を続けたメーカーとの終りには、なぜか長い間付きあったガールフレンドとの終りと同じような気持ちになるのはなぜでしょうか?

写真は、いつも御馳走になっていた賄い、これが食べられないのもとっても残念。


画像 479


  1. 2013/10/25(金) 16:12:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンチ差し上げます。

バンチとはオーダー用の生地を束ねたモノ。

使わないバンチが増えてきたので御希望の方に差し上げます。
生地選びの勉強や、端切れで何かを作ったり、なかなか楽しめますよ。

店頭にてブログを見たとお申し出ください。


IMG_0031.jpg
  1. 2013/10/15(火) 19:40:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジミとハデ

今まで出会った人々の中で最も派手な人と地味な人は誰だろうと考えてみました。

すぐに思い出すのは、5年ほど前の夏、パリのヴァンドーム広場で見かけたアフリカ系の男性。
純白のスーツに黒のシルクのシャツ、ロールスロイスのオープンカーでヒップホップの大音量と共にホテルリッツから登場した彼は、みんなが振り向く中、不機嫌な顔のままわたしの前を通り過ぎて行きました。
彼の車のナンバープレートは「GOD1」。

服装自体はツートンですが、ものすごく高そうな趣味の悪い服が変に似合っていたのと登場の仕方がドラマチックだったので、私の中では最も派手な人として印象に残っています。

パリと言えば、エルメス本店のショウウィンドウもいつも派手ですね。
独特の色使いとエキゾチック趣味が印象的です。

地味な人は思い出せないな。
でも地味な人は印象に残った時点ですでに地味ではないのかも。
ミュンヘンの空港の待合室で見かけたグレイスーツの男性は、白いシャツにグレイのタイで色使いはとっても地味なのに、それぞれが高級感に溢れていて彼の白髪頭にとても似合っていました。

地味だけれど恰好いいというのもなかなか良いですね。


画像 435
  1. 2013/10/05(土) 13:20:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる