FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

冷やかし

「冷やかし」というのは、そのむかし、まだ遊郭があったころに、浅草の紙職人が作っている紙を冷やかしている間に吉原へちょっと女性を眺めにいったことからきた言葉だそうです。

店にとっては、あまりいい言葉ではなく、お店には来るが見るだけで何も買わないで帰るお客さんのことをそういいます。

もちろんスティーヴにも冷やかしのお客さんは沢山いらっしゃいます。
「ちょっとどんな店だか見てみよう」という方からかなりの頻度で定期的にリサーチに来る方まで。

ただ、私にとって冷やかしのお客さんはそれほど悪い印象はなく、しばらく来ない方がいたりすると「あの人どうしたんだろ?」なんて思い出すこともあります。

そのうちにふとしたきっかけで言葉を交わすようになったりして、ご本人は何も買っていないので非常に恐縮しているのですが、「まぁ別にそれはいいじゃないですか、そのうち何か買ってくれるかもしれないし・・」
なんてことをいって世間話をしたりして・・

思うにこういうことが店の醍胡味のような気もするのです。
ネットショップじゃ、何時間冷やかしていようと誰にも何にも言われないわけで、そこから会話や人間関係が生まれることはないのですから。
ただ、本当はそこから人間関係と共に売上が生まれればそれに越したことはないのですが・・

残暑が非常に厳しくなっています。
こんな時はちょっと店を「冷やかし」に来てください。
ご来店お待ちしてます。


IMG_0798.jpg




  1. 2012/08/30(木) 18:34:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洋雑誌 差し上げます。

定期的に購入している洋雑誌がたまってきました。
御希望の方に差し上げます。

特にファッション関係で働いている方、若しくは働こうと思っている方には
参考になると思いますよ。

店頭にてお申し付けください。

STEVE


IMG_0783.jpg
  1. 2012/08/24(金) 18:42:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横分けの似合う店(青山禅問答)

「いしうちの店は、なんだね、横分けが似合うよね。」

「なんだそれ・・」

「いや、だって、フェデリにロータにベルデッキオだろ、どうしたって「横分け」だろうよ。」

「それはなに、髪型の話?」

「そうそうそう・・だって角刈りとかアフロとか長髪は似合わないよ、おまえんとこの服は。」

「・・・」

「やっぱ横分けでさ、こうさ~っとね。」

「言ってることが漠然としていてぜんぜんわからん??」

「とりあえず、焼き肉は行けないね、セラファンとかサビーノ着て。「豚足くださ~い!」とか言えないでしょ。」

「それほめてんのかけなしてんのかわからんね。」

「・・・まぁ半分くらいはほめてるんだけどさ。」

久しぶりに会った友人と洋服談義に花を咲かせつつ、晩夏の青山の夜は更けて行くのでした・・・

「スティーヴ 横分けの似合う店・・・秋冬物入荷しました・・・」


IMG_0781.jpg
  1. 2012/08/17(金) 15:58:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アイデアとデザイン

 そのむかし新宿サブナードの地下コンコースからちょっと入ったところに「王様のアイデア」というお店がありました。

いわゆるアイデア商品を売るお店で、「ごろ寝をしながらでもテレビがみられるスコープ」とか「歯が真っ白になる歯磨き」とか、子供心にもチープで胡散臭い商品が溢れていました。
(それはまた別の意味でとても引きつけられる魅力にあふれてはいたのですが・・・)

いわゆる「クールビズ商品」に私は同じ匂いを感じてしまいます。
ボタンの配列が変わっているシャツ、襟裏や袖裏の色が違うシャツ、踵のないスニーカー、などなどここのところ急に目にする機会が多くなりました。

おそらく、考えるに、ジャケットやネクタイがないスタイルでプレーンなシャツでは寂しいので、そこになにか+αを、というアイデアだと思うのですが・・・

やはり、ファッションに必要なのは、アイデアではなく、デザインで、本当の「恰好の良さ」というものは、そういう小手先のアイデアからは決して生まれないということを忘れてはいけません。

基本的にファッションというものは着る人個人の自由だと思っているので、あまり人の恰好についてとやかく言いたくはないのですが、もし、そういう類の商品を着ている、もしくは購入を検討している、という方がいらっしゃったら・・・

「自分がクールビズ商戦に乗せられているだけではないのか?」 「ほんとうにそれを着て自分が少しでも良く見えるのか?」
もう一度よく考えてみた方がよいと思いますよ。


IMG_0613.jpg
  1. 2012/08/08(水) 18:42:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第82回 ピッティウォモ レポート 後編

 さて、肝心のコレクションの内容ですが・・・取り立てて、目新しいものは何もありませんでした。
どこのメーカーのコレクションも今までやってきたものをダウンサイジングさせて踏襲しているだけ、それだけでは目新しさがないので、それぞれのセカンドラインを充実させています。
(そもそもセカンドラインが充実してきた時点でその流行は終盤です。)

流行というものは必ず始まりと終わりがあるもので、現状は一つの流行が終盤に差し掛かっているということ。
そして次のムーブメントは今のところ見えてこないということ。
現代のファッションはその時の経済状況と密接な関係にあるので、今のこの不況が続く限り、こんなもやもやとした状況が続くであろうということ。

などを容易に感じ取ることが出来ました。
しかし、それはまたファッションの面白い所で、私は、経済状況とは、まったく別の意外なところからまた新しいムーヴメントが出てくるような気がしています。

まぁ今は色々な意味で「待つ」時期なのかもしれません。
そしてじっくりと次のステップの準備をしておきましょう。

フィレンツェのいつものバールの一番奥の席で「モロッコ風エスプレッソ」なんかを飲みつつ、オーダーの集計をしながらそんなことを考えていました。


IMG_0462.jpg
  1. 2012/08/03(金) 20:00:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる