FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

第82回 ピッティウォモ レポート 前編

毎年1月と6月にフィレンツェで開催される「ピッティウォモ」は、世界的な見本市です。
翌週にミラノで開催されるミラノコレクションがデザイナーのものだとすると、このピッティウォモは、メーカーのコレクションになります。

いわゆるマルチブランドのセレクトショップで我々が見ることのできるインポートものの商品の大半はこのピッティウォモに出展しているといってよいでしょう。

今回は2013年春夏物のコレクションで、会期は4日間、場所はそのむかし要塞だった「フォルテッサバッソ」と呼ばれる中央駅から程近い展示会場で開催されます。

まず、私が向かうのは本館の2階、そこには「クラシコイタリア」と呼ばれている、イタリアの職人の技術とセンスを前面に押し出して、時代に左右されない普遍的なスタイルを提唱しているメーカーが集まっている場所です。

みなさんご存知の「キートン」「フライ」「フェデリ」「ロータ」などはこのエリアで見ることが出来ます。
また、ある場所には、クラシコイタリアよりはモダンなテイストを打ち出しているメーカーが、別の場所にはデザインを重視した少しアバンギャルドメーカーが、など、メーカーのテイストによりある程度場所が分けられているので非常に見やすい展示会です。

気になるのは以前に比べて明らかに人の入りが少ないこと。
会期も3日目以降になると会場は閑散とした場所も目立ち始めます。
「以前はこんなことはなかったのにな・・」と思いながら歩き回っているのですが、私自身4日間の会期を少し持て余しているのを感じていました。
まぁ、今のヨーロッパ情勢を考えると仕方がないのかもしれません。

でも、心の中では・・

スティーヴではいつも通り買い付けるよ!
だから、がんばれイタリア!
(もちろん、スペイン、ギリシャもがんばれ!)

と思っています・・
続く・・


IMG_0348.jpg
  1. 2012/07/26(木) 15:39:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私がカプリが好きな訳

 まぁ洋服の仕事を長い間してきて思うのですが、どうも東京では、大人が思いっきりオシャレができない窮屈さを感じます。
(もちろん、東京以外の場所ではよりそうなのかもしれませんが)

つまり、浮いてしまうのです。おそらく、個性的であるということがあまり居心地の良いことではないのでしょう。

自分の意識の中でもどこか「オシャレにしすぎることを控える」気持ちというものが働いているような気がします。
そんななかで思いっきり羽を伸ばしてオシャレが出来る場所の一つがイタリアなのですが、中でもやはりカプリは特別です。

カクテルタイムが過ぎると昼間プールやビーチで寝そべっていた方々が思い思いの着こなしでカプリの中心のミーティングポイントである「ホテル クイシサーナ」に集まってきます。

白の麻のスーツやドレス、洒落た柄物の蝶ネクタイ、マドラスチェックやシアサッカーのジャケットなどなど・・日本では、これどこで着るの?と感じてしまうサマースタイルの数々がとても似合ってしまう場所・・・そして、夏の夜の宴が始まるのです。

こんな映画の中のヨーロッパのような場所は、おそらく失われつつある世界なのかもしれません。
そして、だから、私はカプリが好きなんだと思います。


IMG_0087.jpgIMG_0122.jpgIMG_0124.jpgIMG_0095.jpgIMG_0097.jpgIMG_0271.jpg








  1. 2012/07/15(日) 14:49:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブラ カプリ

 一日中プールサイドで寝ているのも飽きたので、午後からはカプリ島の探索に出かけます。
近くのバールでおやつを買い込むと、サンミケーレ山にあるティベリウスの別荘跡を目指して出発。

山といっても散歩の延長で登れてしまうような場所なので、おやつ片手にバミューダにサンダル履きです。
途中の別荘ウォッチングがまた楽しく、「こんなヴィラがあれば楽しいだろうなぁ」とか「うひゃ~すげー豪華!」とか「なかなか趣味がよろしいですな」なんて呟きながら歩くこと20分、
サンミケーレのいつもの場所に陣取ると絶景を楽しみながらのおやつタイム、そして昼寝、幸せです・・


IMG_0157_convert_20120715140920_20120715141440.jpgIMG_0071.jpgIMG_0206.jpgIMG_0196.jpgIMG_0260_convert_20120715142531.jpgIMG_0270.jpg









  1. 2012/07/15(日) 14:34:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カプリを見て死ね。

 ミッションの合間にゴージャスな休暇をとるジェームスボンドのライフスタイルを目指している私にとっては、イタリア滞在中も仕事ばかりしているわけにはいきません。

カプリ島はナポリの南、約30キロに位置する小さな島、ナポリからは高速船で約40分、気軽に遊びに行けるリゾートです。島内は、まさに風光明媚、感嘆の声が上がる景色がそこ彼処にあふれています。

島の周りは断崖絶壁でとても厳つい印象なのですが、一歩島に足を踏み入れると花が咲き乱れ、洒落たカフェやレストラン、ホテル、ブティックが軒を連ねていて、まさに「ザ・ヨーロッパ」。

昼間はプールやビーチで過ごした人々が、日暮れとともにオシャレをしてカクテルを楽しみ、夕食後、ジェラートなどを食べながら、そぞろ歩きをする姿はカプリならではです。

おそらくサイズがいいのだと思います。
10キロ四方ほどの小さな島に衣食住の美しいものばかりを詰め込んだ宝石箱のような島ということなのでしょう。
マリーナグランデからケーブルカーで街の中心に上がる度に幸せな気分に浸れます。


IMG_0082.jpg
IMG_0102.jpg


  1. 2012/07/03(火) 19:14:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる