FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

さて、なにをやろうかな?

 月曜日から2週間、ことしの秋冬物の仕入のためにヨーロッパに行ってきます。今回は、イタリアを南から北まで縦断、スペインはバルセロナ、フランスはパリ、というかんじで回ってきます。

私の店の仕入の場合は、できあがっているものを買ってくるわけではなく、メーカーを回って製作を依頼してきます。
サンプルを見て、こちらの希望を伝えて、自分の満足のいく品質で、来て下さるお客様に喜んで頂けそうなものをオーダーするわけです。
いまオーダーをして、出来上がりは7月から9月になります。

ですから、こちらとしてもうまく希望通りの品物が上がるかどうか分からないわけで、毎回届いた荷物を開けるまではドキドキです。
ほんとうにオーダーした時の思惑そのままに出来上がることもあれば、それ以上の出来上がりでびっくりしたり、ちょっとあてがあずれてウ~ンとうなったり、色々です。

でも、いまは本当にまっさらな状態です。
さて、なにをやろうかな??

「こんなものをやってほしい!」なんていうリクエストがありましたら御遠慮なくお知らせください。
参考にさせて頂きます。

それでは、ちょいといってきます。


IMG_0066.jpg


  1. 2012/01/28(土) 13:17:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オピニオンリーダー

 私がこのインポートファッションビジネスに携わってほぼ25年近くがたとうとしています。
この間の変化は本当に大きくて、とても一括りに総括出来るものではないのですが、少なくとも現状を過去に予想することはなかったように思います。

ファッションビジネスというものは、半年をひとつの単位として動いています。そしてその半年ごとの変化で時代を感じるわけですが、ファッションという小舟がそれ以外の様々なファクターの荒波によって揺り動かされている感がますます強くなります。

この先この分野がどのような道筋を進むのか非常に不透明なのですが、現状把握と未来への展望という点について「これ以上同意できないな」、と感じている意見をもっている方がいます。

http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY200912170283.html
http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY201201180360.html

皮肉にも一度も袖を通したことがないブランドのデザイナーなのですが、やはり素晴らしい才能と見識の持ち主なのでしょう。

御一読をお勧め致します。


画像 388


  1. 2012/01/20(金) 17:41:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かっこいいマフラーの巻き方 その1

 お問合せが多いのでカッコいいマフラーの巻き方をご紹介いたします。
これであなたにも新年早々、久々のモテ期が来ること間違いなし!

1.マフラーの片側を長くして垂らす。
2.長い方を首に巻く。
3.4.回してきた方を反対側の短い方と交差させて、正面下から、ネクタイを結ぶようにくぐらせる。
5.真中で整える。きちんと揃えるなり少しずらすなりご自由に。

その1その2
縺昴・・点convert_20120113140740縺昴・・農convert_20120113140906縺昴・・廟convert_20120113140934



  1. 2012/01/13(金) 14:23:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年の初めに (鎌倉屋の由来)

 法人名の「鎌倉屋」というのは、別に私が鎌倉出身というわけでもなく、ローストビーフを売っているわけでもありません。

私の生家の家業が温泉旅館で、屋号を「鎌倉屋」といいました。
父のリタイヤと共に廃業してしまったため、その時点で「鎌倉屋」はなくなってしまったわけですが、自分の店を出すときに、屋号か法人名にこの名前を使おうと思い立ち、結局、法人名として使ったのは、私自身、家業について少なからず何らかの思い入れがあったのだと思います。

生家が温泉旅館であるということはなかなか得難い体験で、幼少のころから常に番頭さんや女中さんや板前さんに囲まれて育った訳です。
風呂のお湯がなぜかライオンの口から出ていたことや夕食に頻繁に茶碗蒸しが供されていたことなど、今考えると不思議なことが多かったのですが、やはり自分のモノの考え方などには少なからず影響があったのかもしれません。

さてさて、その鎌倉屋を設立してからはや7年、おかげさまでなんとかここまでやってこられましたのは、ひとえに皆様のおかげだと感謝しております。
おそらく後継者がでてこない限り、長くてもあと10年ほどの営業になると思いますが、少しでもファッションを通して皆様に喜んで頂きます様、努力してまいります。

また、なかなかないタイプの店になってきました。自分自身でもこの先この店がどのように変わっていくのか楽しみなのですが、個々のお客様のお考えでうまく使って頂いて、「着る」ということを少しでも楽しんで頂ければと考えております。

どうか本年も「鎌倉屋」「スティーヴ」をお引き立てのほどを、謹んで御願い申し上げます。

有限会社 鎌倉屋 
石内良樹


IMG_0007.jpg
  1. 2012/01/08(日) 14:51:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる