FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

INDEX

「スティーヴ」取扱商品のご案内をさせて頂きます。

シャツ: LUCA VERDICCHIO / FRAY / DANOLIS
ドレスシャツはナポリはカサルヌォーヴォのシャツ工房、ルカベルディッキオをご用意いたしました。同名のテーラーに付随するシャツ工房で作られ、総てハンドメイドです。ネクタイをするともちろんですがノーネクタイでもすばらしい着心地と着こなしをお約束いたします。
ボタンダウンを中心にボローニャのシャツメーカー、フライをご用意しております。知的で上品なコレクションは日本でもファンが多いシャツメーカーです。
カジュアルシャツは値段が手頃でトレンド性の高いダノリスをご覧いただけます。素材と色目に面白いものを選ぶように心がけております。

IMG_0084_convert_20100529185629_convert_20100529190019.jpg

スラックス: ROTA / JACOB COHEN
スラックスはパルマのスラックスメーカー、ロータのコレクションです。おそらく既成のスラックスメーカーの中ではベストの履き心地ではないかと感じております。オーダーも常時承っております。(納期40日)
ジーンズはヤコブコーエンをご用意いたしました。ハンドメイドのジャケットとコーディネイトしても遜色のないシルエットとクオリティです。

IMG_2829_convert_20100529191807.jpg

ニットウェア: FEDELI
ミラノを代表するニットメーカーの一つです。色使いの美しさとと素材のすばらしさは他のメーカーの追従を許しません。まさにミラネーゼ好みのコレクションです。カシミアにつきましてはオーダーも承ります。

IMG_0075_convert_20100529192215.jpg

ジャケット・スーツ: STILE LATINO / SARTORIA SABINO / SARTORIA LEONARDI
スティーレラティーノのすばらしさはそのモデルにあります。どんな方に着ていただきましてもシャープで洗練されたプロポーションは変わることがありません。スティーヴのベストセラーです。
本当のテーラーメイドの着心地を味わいたければサルトリアサビーノをお選びください。軽くてすばらしい着心地とハンドメイドの美しさを同時に味わうことができることでしょう。
シャツジャケットを得意とするのはサルトリアレオナルディ、芯地やパットを一切使わないジャケットは職人の高い技術を感じさせる一着です。とても美しいサファリジャケットやノーフォークジャケットも人気です。

IMG_0026_convert_20100529192514.jpg

シューズ: CHURCH / EDWARD GREEN
シューズは何れもイギリスはノーザンプトンのシューメーカー、チャーチとエドワードグリーンを用意しております。
チャーチはローファーとチャッカーブーツ等のカジュアルシューズを、エドワードグリーンはドレスシューズを中心に御用意しております。エドワードグリーンでは他にはない珍しい素材、コードバン・オーストリッチ・シャーク等がございます。また、エドワードグリーンにつきましてはオーダーを常時を承っております。(納期90日)

IMG_0088_convert_20100529192839.jpg

アウターウェア: K.
カッパプントはイタリア中部パルマのアウターウェア専業メーカーです。適度なトレンド性とクラシックを融合させたコレクションはセンスと着心地のよさが感じられます。もちろん高品質、メイドインイタリーでなければ決して味わえないテイストです。

IMG_0120_convert_20100530145606.jpg

ベルト: CARLO DEL MONTE

ロータやカッパプントと同じパルマにある家族経営のベルトメーカーです。代々続く家業を受け継いできておりベルト造りに誇りと自信を持っております。定期的にオーダーも承ります。

IMG_0010_convert_20100530152133.jpg

ネクタイ: STEFANOBIGI / NICKY
ミラノのステファノビジのネクタイはその美しい色使いとすばらしい絞め心地が特徴です。中でもガーゼ素材のプレーンカラーはスティーヴのベストセラー、皆様に試していただきたいネクタイです。
ミラノのニッキーはカシミアのコレクションをご用意しています。カシミアの美しさと柔らかさが感じられるすばらしいコレクション、まさにトップクオリティです。

IMG_0428_convert_20100530152448.jpg

レザーウェア: SERAPHIN
パリにあるメンズ専業のレザーウェアメーカーです。常に斬新な新しいモデルを発表し続けていて、そのクオリティーの高さと共に「パリ」が感じられる都会的なコレクションで人気のメーカーです。中でもラムスキンのしなやかな肌触りと繊細な色使いはセラファンならではのものでしょう。

IMG_0116_convert_20100530152809.jpg

バッグ: DELVAUX / RENARD
革製品は長く使っていただくことを前提に少し良いものを揃えるようにしております。ベルギーを代表するバッグメーカーであるデルボーは質の高い都会的なバッグを作り続けています。
パリのブルボン宮の近くにあるルナールはすべて手作業でバッグを作り上げます。革の良さはもちろんステッチワークの美しさにも注目してください。使えば使うほど味が出てくるバッグです。


IMG_0452_convert_20100530163137.jpg

以上ご案内させていただきました。
店内には、ここではご紹介しきれない商品がたくさんございます。
ぜひ、一度お立ち寄りくださいませ。
ご来店を心よりお待ちしております。

店主 石内良樹


  1. 2010/05/30(日) 18:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブームタウン東京

 6月から2011年春夏メンズのコレクションがスタートします。
いつものことながらこのサイクルの早さには愕然とするのですが、そろそろ来春夏の仕入のことも考えなくてはなりません。

ということでまず、今シーズン東京のマーケットでこのカテゴリーのどんな商品が売れたのかを調べることにします。
ここ何年かの傾向なのですが、どこのお店でも売れたといわれているものは、ほぼ同じです。
それも、たとえばセーターが売れたとか、この色が売れたとか、ということではなく、「このブランドのこのモデルが売れました。」というように非常に狭い所で売れ筋というものが決まっています。
つまりこれは何を表しているのかというと「雑誌に掲載されたモノ」だけが売れた、ということです。色違いやモデル違いが売れたのではなく、ズバリそのものでなくてはならないようです。

いつからこのマーケットはこんなにマスコミの影響をうけるようになったのでしょうか?
テレビや雑誌で取り上げられたものが、モノの良し悪しに関係なく売れていくということが何を表すのか少し考えてしまいます。

その昔、イタリア人から聞いたことを思い出しました。
「日本はいいよ、キャンペーンを張れば必ず反響があるし、売上にもつながる、ヨーロッパは何をやっても、さめているというか、大人というか、反応がぜんぜんないもんね。」

うーん、これは日本だけではなくアジア全般の傾向のような気もするが・・良いことなのかどうなのか・・だからどこのお店も雑誌に取り上げられるようなキャッチーなモノしか仕入れないんだな、という気がしてきました。

さて、うちはどうする??


IMG_0550_convert_20100525191706.jpg
  1. 2010/05/25(火) 19:20:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商品仕入の基本方針(プライスについて)

 うちの店を外から見ると「なんか高そうなみせだなぁ」という印象をうけるらしく、よく敷居が高いというお話を頂きます。

やっている当人にしてみるとこんなに敷居が低い高級衣料品店も珍しいのではないかと思っているのですが・・
いずれに致しましても商品の価格は安くないことは確かですし、店の雰囲気以前に価格の高いモノ自体がすでにオーラを発している所もあります。
ということで、私が買付けをする際にひとつの目安としている小売価格をお知らせしておきます。

シャツ 35,000円
スラックス 32,000円(コットン)・42,000円(ウール)
ニット 30,000円(ウール)・80,000円(カシミア)
ジャケット 200,000円
スーツ 280,000円
シューズ 48,000円(カジュアル)・98,000円(ドレス)
ネクタイ 13,000円

だいたいこんなカンジです。

もちろん一般的な衣料品と比べるととても高い価格ですが、どうしても譲れない品質のボーダーラインというものがあり、インポートものであるということをを考えるとこのくらいの価格になってしまいます。
もちろん、少しでも安く、ということは常に考えています。

またこの価格以上のモノも当然取り扱いますが、その価格に見合った品質の品物であるということが大前提です。

そして、品物さえよければ価格はいくらでも、とは考えません。
いっても洋服です、車や宝石や時計ではないのですから・・・


IMG_0869_convert_20100520201226.jpg

  1. 2010/05/20(木) 20:14:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MY FAVORITE

 むかしからアメリカのアウトドアメーカーが好きで、いまでもパタゴニアのファンです。
カタログの写真がすばらしいこともあるのですが、会社の姿勢みたいなものにも共感できる所があります。
旅行用のスーツケースを探していて、軽くて丈夫でたくさん入るモノをということでパタゴニアのものを選びました。
(なにしろ総てのものが揃っていないと気のすまない性分なので海外出張のときの荷物は行きから大変な重さです。)

ビジネスクラスにいつも乗るようなヒトにはもう少しラグジュアリー系のスーツケースが似合うのでしょうが、ダートバッグカルチャーを愛する私としては非常に気に入っているバッグです。
もう、かなりぼろぼろになってきましたが移動のときもお金持ちに見えないらしく(実際お金持ちではないが・・)盗難にあったこともありません。

新しいスーツケースを探している方はご参考までに。
http://www.patagonia.com/web/jp/home?slc=jp_JP&sct=JP


IMG_0207_convert_20100513182508.jpg


  1. 2010/05/13(木) 18:28:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

イタリア トイレ事情

 フィレンツェのホテルで画期的なトイレを発見!
狭いバスルームをすこしでも快適にする為に折りたたみ式のトイレです。
渋谷のカプセルホテルも真っ青でした。

このホテルはスタッフが最高のホスピタリティでとても快適です。
加えて、このトイレ以外にも結構面白いものがたくさんあってなかなか楽しめました。
また行こう。。

ご希望の方にはご紹介いたします。。。


IMG_0097_convert_20100507185713.jpg


IMG_0096_convert_20100507185751.jpg


  1. 2010/05/07(金) 19:06:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる