FC2ブログ

STEVE BLOG 洋服の着方

青山のセレクトショップのオーナーが書くメンズファッションを話題の中心にした日記

ホテル選びの愉しみ

 海外に出張に行くときには、基本的にホテルは自分で直接予約をしています。このホテル選びが当たるときもあり、はずれるときもあり、なかなか面白いのです。もちろんいわゆるメジャーリーグ級のホテルであればそれはそれで快適なのでしょうが、予算の問題もあり、また面白みにかけることもあり、だいたい小さくて手頃な値段のホテルを選ぶようにしています。ホームページの写真や説明をよーく吟味して慎重に検討します。
 ホテル滞在というものは、やはり非日常的なほうが私にとっては楽しめます。ですから部屋もオーソドックスなものより、すごくクラシックか、デザインされたモダンなものが好みです。また、スタッフの人柄はさらに重要です。いくら設備が良くてもスタッフの対応が満足できなければリピーターにはなれません。先日とても役に立つホテル選びのサイトを発見しました。すべて宿泊者の口コミで成り立っているサイトです。今のところ私の評価と一致する部分が多く、最も参考にしております。
ホテル選びの参考にぜひお役立てください。

http://www.tripadvisor.jp/

IMG_0003_convert_20090729132103.jpg

  1. 2009/07/29(水) 13:20:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

街のアイビーリーガーズ

今はあるのかどうかわかりませんが、ある男性ファッション誌に「街のアイビーリーガーズ」というぺージがありました。これは街で見かけたオシャレな人のスナップ写真を掲載してそれについてコメントするというものでした。最近、ヨーロッパの商品を主にのせている男性誌でもこの企画が大流行のようで、今回のフィレンツェでの展示会にも日本や韓国の雑誌関係者がたくさん来ておりました。
 ひとつ問題は、イタリアのメーカーで働く友人が憤慨していたのですが、どうやら本人の承諾を得ないまま掲載されているケースがあるようです。うーん、もしこれが本当だとするとずいぶんひどいことのように感じます。もちろん肖像権の問題もありますがその人の洋服のコーディネイトというものはそれぞれみんなが自分の感覚やセンスを駆使して考えた固有のものであると思います。それをどう扱うかは、その人が個人の感覚やセンスという目の見えないものに対していかに敬意を払っているかということであるように思いますし、良識の問題であるようにも思います。
 私にはスタイリストとモデル代を節約しているだけに感じられて仕方がありません・・・
 やはり男性雑誌にはその雑誌固有のファッションスタイルというものを持ってほしいし、それは海外のおしゃれな人からのものでなく、自分たちで考えて提案して欲しいものです。
 そしてそこにメンズファッション雑誌の意義があるように思うのですが。
  1. 2009/07/21(火) 18:00:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェラート三昧 再び

 夏のアイスがやめられません。日本ですらそうなのですから、イタリアではいうまでもありません。イタリアンジェラートの良いところは不思議といくつ食べてもおなかに優しいところ。そしてなんといっても歩きながら食べられるということが、私にとってはとても魅力的です。きちんとしたレストランのデザートとして室内で座って食べるよりも、街を散策しながら食べるアイスクリームのおいしいこと。なんといってもお気に入りは洋服屋さんのウインドウを眺めながらのジェラートです。ときどき溶けて垂れてくるジェラートをうまく食べながらウインドウをチェックします。イタリアでの私の密かな夜の楽しみです。

IMG_0140_convert_20090716135526.jpg



  1. 2009/07/15(水) 17:22:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カプリで一人メシ

 まぁ回りを見渡すと一人で食事をしている人は見当たりません。なんといってもここはカプリ、世界有数のリゾート地です。仲の良さそうなカップルや幸せそうな家族連れに混じって一人で食事をしています。今日のメニューは、モッツァレラとトマトのサラダ、そしてピッツァマルゲリータです。テーブルにはキャンドルとランが飾られ、みなさん着飾っています。しかし私は動じません。周りの人々を品評しながらゆっくり食事を楽しみます。どのウエイターが一番働いていないかチェックしたりします。「こんなところで一人でピザ食べているのはオレだけだなぁ~」というちょっと自虐的なカンジもたまりません。
 それにしてもカプリは美しいところです。海にはクルーザーが浮かび、花は咲き乱れ、日焼けした人々はお洒落をして人生を楽しんでいます。もし、醜いものや貧しいものを見たくなければうってつけの島でしょう。 まぁそれが良いことなのかどうかはわかりませんが・・・
 しかし今のわたしにとって、もし天国という場所があるとすれば、6月のカプリみたいなところだったらいいなぁとつくづく感じます。あーあ、しばらくここに住もうかなぁ~


capri+1_convert_20090708165443.jpg
  1. 2009/07/08(水) 17:00:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第76回 ピッティウォモ 報告

 6月12日より2週間ほどヨーロッパに行ってまいりました。目的は2010年春夏物の仕入れです。メンズはファッション業界の中でもっとも早い時期にスタートするので、丁度終わったシーズンの来年の仕入れをするというスケジュールで仕事は進んでいきます。例年フィレンツェで開催される「ピッティ ウォモ」が著名なデザイナー以外のもっとも大きな展示会で、この展示会を中心に商談は行われています。(著名なデザイナーはピッティウォモの翌週にミラノで開かれるミラノコレクションで作品を発表します。)

 なにしろ世界的な大不況なので例年に比べて人出も少ない印象でした。今回ショッキングだったのはある著名なシャツメーカーの社長が逮捕されたことです。お金にまつわる疑惑なのですが、このニュースが今回の展示会に一層暗い影を投げかけました。どこのブースに行っても暗い話ばかり、今世界中の洋服屋さんはすべて元気がありません。もうひとつ驚いたのが日本や韓国のファッションジャーナリストの多さです。この不景気なのになぜと思うのですがどうやら目的は展示会に来ている洋服屋さんたちのスナップショットを撮ることのようです。いたるところでパシャパシャ撮っていました。

 コレクションはいつも通り、特に目新しいものもなく以前は一斉を風靡した「クラシコイタリア」協会の高級衣料品の時代もそろそろ終わりを告げようとしているのかもしれません。
しかしどんな時代でも好きな洋服を見るのは楽しいこと。あっという間のフィレンツェでの4日間でした。


IMG_0176_convert_20090702174236.jpg
  1. 2009/07/02(木) 17:45:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamakuraya690

Author:kamakuraya690
2005年、8月に青山にメンズインポートウェアのブティックがオープン致しました。
オーナーでバイヤーでもある私が商品の紹介やファッションに関する話題、海外出張での情報などをお知らせいたします。
ぜひご一読ください。

STEVE 石内良樹

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる